So-net無料ブログ作成

今回は文章のみ [雑記]

さて 今年も桜を撮影しに京都に行って思ったこと。
前にもまして 外国人の観光客が増えていることに気が付いた。




欧米人も多かったが会話をしてくれないとアメリカ人なのかイギリスやフランス人 ドイツ人かわからなかったが、 会話している声で 英語系の人、フランス人 ドイツ人 ロシア人 北欧のどこかと イタリア スペイン 南米のどこか
の方々がいた。
中国人は多かったが その他の国の人が増えていて相対的に少なく感じた。
韓国人 東南アジア系の方々も多かった インド人も一組見かけた。

最近 ネットで見ていると 中国人のマナーがなっていないとか書かれているが
今年出くわした人々は 見た範囲では特に問題なかった。
東南アジア系の人が少し おのぼりさん状態だったかしら、でも観光地だし気にすることは無いかな。

以前は結構な迷惑な人がいたが 今年はそうでもなかった。
桜引っ張る中国人が以前は多かったが 近くで佇んで撮影しても
以前みたいに桜の花が痛むほど引っ張っていた人は見た範囲ではいなかった。

東南アジア系の女子高生の一群から写真の撮影を求められたりした、中国の若い男女二人にも求められた。
ちゃんと撮影できたか、私の方が心配しました。

大きなマナー違反は
日本人の方が ゴミを分別せずにカン ペットボトルのごみ箱に たこ焼きの食べかすを捨てていたのを一人目撃したのと。
欧米人の高齢者がお堂内に傘を濡れたままもって ふすまのある部屋を歩いていたのはちょっといただけなかったかな 文化財が破損したらと思うとちょっとね。
後 日本人の撮影者もいたが外国人も含め三脚禁止なのに三脚使用者が結構いたのと
日本人のおっさんが 竹で侵入禁止を示す棒のラインを越えた場所に侵入し そこから撮影していた この人は係員に日本語と英語で注意されていた、このあとで関西弁を喋っていたし 服装から日本人だろう。
桜の木の根っこを踏んで歩く人が 日本人も含め多かった。
桜が痛むのでやめましょう。
苔も踏まないようにね。
ささいなことですが、アイスクリームを食べながら神社の境内やお寺のお堂の中に入るのは辞めましょう
若い中国の女性でした。

あと今年ではありませんが、
平安神宮で撮影禁止箇所を撮影するのは厳禁ですよ、
拝殿に上がって本殿を撮影とか 巫女さんの神楽舞も撮影禁止です。
撮影すると立ってる警備員さんに、めっちゃ怒られますから。

お寺で本堂などの堂内の仏像は基本撮影禁止です。
信仰の対象ですから禁止と書いて無くてもあまりお勧めできません。
欧米人の方々が仏像に異様に興味があるみたいでした。

他に、撮影しているライン上に割り込んできてスマホ撮影する人々が多かったが、
ある程度は仕方がないので 気にしてないが、
ちょっと、えげつないのは こっちのカメラを確認した(カメラ目線)のちに前に回って
スマホ撮影しその後 ちゃんと映っているか 撮影ポイントの良い場所で ずっと佇んで 確認操作している日本人が複数いたのは参った。

意外と外国人の方がカメラの前のライン上でで立ち止まったり 頭を下げて通ったり気を使っていた
そんなに気を使われると カメラ構えにくくなるので ちょっといただけないかな。

魚眼レンズ使ってるときは 立ち止まられても映ってますから どんどん通過してほしいです。
望遠レンズの時は遠景を拡大してるので、たぶん あまり映りませんので気にせずに通ってほしいです。

最後に、今年は、全体的に中国の人は かなりマナーに気を使い 粗相のないようにしているようだった。

もっと英語 ハングル 中国語 ロシア語などの表記を増やすべきだとは思った。

赤信号無視してるのは日本人が圧倒的だった、
目的地がわからず、目的地が見えたら 直線距離で横断禁止のところを 渡る外国人さんをときどき見かけたが 危険なので止めたほうが良いですよ。

外国の皆さんがたまたまこのブログを見たら、
横の翻訳機で 翻訳しても良いですが、 たぶん標準語でないので 変な訳になってると思います。
nice!(44)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 44

コメント 1

京男

おはようございます。
京都はビックリするほど外国の人が増えていますね。
マナーの徹底を外人向けのガイドブックに載せるように、国は努力した方がいいですね。現場での表示は汚いから最低限にした方がいいかも。
最近の日本人もだけど、ながら歩行は禁止した方がいいですね。デパ地下で食べながら歩いている人が多いのにビックリします。観光地の店も歩きながら食べられるように飲食を売ってはいけないように思います。自動販売機も美観をかなり損ねていますね。
by 京男 (2015-04-12 08:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。